« 人は、なぜ約束の時間に遅れるのか | トップページ | 佐藤方哉先生を弔す »

遊んでしつけるインコの本

Asonde日本大学大学院で行動分析学を学び鳥のしつけに従事されている青木愛弓さんが、またまた鳥のしつけの本を出版されました。『遊んでしつけるインコの本―よい関係をはぐくむための遊びのレシピとしつけのミニ知識―』(誠文堂新光社、2010年8月刊、税込1,680円) です。いつもご恵贈感謝いたします。可愛いインコの写真満載で、インコとの遊びのなかで、うまくしつけるコツ(行動分析学の技術)を紹介しています。優しい言葉で行動の原理が説明されています。クリッカートレーニングの普及などに伴い、ドッグ・トレーナーの間ではこの十年間に急速に行動分析学が広まり、彼らを通じて一般の犬の飼い主にも行動分析学のエッセンスが伝わり始めています。青木さんの活動により、インコの飼い主の間にも行動分析学の理解者が増えていくことでしょう。このように色々な経路で行動分析学の理解者が増えていくことは、大変素晴らしいと思います。

|

« 人は、なぜ約束の時間に遅れるのか | トップページ | 佐藤方哉先生を弔す »